日本は勝ちました。うれしい。しかし思えば、2002年日韓共催ワールドカップの年は、診断士受験3年目で、1次試験をほぼゼロベースから受け直さなければならない悲惨な年でした。1次試験まで2カ月を切り、しかも経済学、経営法務、助言理論、新規事業開発、経営情報システム、生産管理など約半分の科目が初学であったことから、下手したら1次試験も危ないという状況でした。にもかかわらず、当たり前のようにW杯の日本戦は全て見ました。
では、今年1次試験を受験する方々はどうすればいいかですが、どうしても見たければ見ることをお奨めします。我慢は精神衛生上よろしくありませんし、かえって集中力を欠いたりします。ただそのかわり、勝敗にかかわらず気持ちをしっかり切り替えて、ひたすら受験勉強に集中することが必須です。W杯の勝敗は、診断士を目指す方々の人生とはまったく関係ありませんからね。がんばろー!