非常に辛い病だということを実感しています。5日目以降状況を記録します。
5日目もイスには座れず、色んな体制で仕事を始めるも、10分やって休むという非常に生産性の低い状態が続く。また、脊椎麻酔後頭痛が激化してきた。これは、脊椎に打った麻酔の注射針の穴から髄液が漏れ圧力が低下し、繋がっている脳が下がり頭痛を引き起こすというメカニズムらしい。1月の手術後にも生じたが、やはりおそれていたことが起きてしまった。ロキソニンを6時間おきに飲むことでなんとか凌ぐ。
7日目になって、ようやく少しの時間イスに座れるようになった。これは大きい。いすに座れることがこんなに幸せなことか!と思ったほど。
8日目は円座クッションを持ち込んで床屋にいったが、こんな客ははじめてらしい。
10日目になって、ようやく仕事に復帰。現在進行中だった寿司店の販売促進の案件、TACの仕事などを本格的に開始。
そして本日。今朝も頭痛はあるが、我慢できないほどではなくなってきたためロキソニンは飲まない。傷口の痛みが排便時のみになったことは回復の証。ようやく普通の暮らしを取り戻してきた。
以上、記念に痔瘻根治手術の記録をしてきましたが、これにておしまいにします。そして二度とこのような記録をすることがないよう祈るばかりです。痔でお困りの方は、早めの治療を。放置しておくと大変なことになりますから。