本日はきれいな砂浜が広がる海に近い湘南の仕出し料理店の診断支援でした。隣街なので近所です。このお店、実店舗での営業は予約のみの宴会や定期的なお酒を飲む会などのイベントのみとしていおり、現在は予約の仕出し料理の配達配膳を主としています。よって、計画的に仕事ができるため、計画停電の影響は最少という幸運のお店です。
支援内容は効果的なパンフレットの作成ですが、経営状態が良く店舗改装など積極的な投資をしていく老舗で優良企業でした。ただ、その裏には早朝の卸売市場への仕入れから夜遅くまで長時間の労働があってのことなのです。「サラリーマンはいいね」とおっしゃっていましたが、私自身も手打ちそば屋を経営していましたし、現在も自由業なので、実に身に浸みる重い言葉でした。
ところでこのお店、今は無き老舗ホテルの隣に立地していたことから、高度成長期やバブルのころ著名人がお忍び旅行でやってきたそうです。相当ヤバイ方々が(秘)カップルでいらしていたそうです。ここでは言えません。。。