この間、月刊経営情報誌ザ・ヒューマンから突然、地域で活躍している高久さんを是非取材させてほしいと電話が来ました。役者で有名なX氏とスタッフ数名で訪問し、取材をして、この月刊誌に掲載したいという話でした。なぜ高久なのかという質問に対して、地域で活躍されていることが調査済みで、ぜひともお願いしたいという返答。なんか胡散臭いと思いつつ、日程調整をして電話を切ろうとしたら、取材や掲載には費用がかかるので一部負担してほしいという話をしだして、金額を聞いたら7万円とのこと。「ふざけるなー」と電話を切りました!そういうビジネスモデルらしいです。その日の水戸黄門の再放送を見ていたら偶然その役者Xさんが出演していて、悪者に切られてしましました!