先日、中華と和食の2店舗を経営する飲食店の支援に行ってきました。中華は社長の直営で、和食は義弟が店長を務めています。とくに和食店が厳しいということで訪問前に調査を兼ねてランチを。メニューの筆頭にあった生姜焼定食を注文すると、一見美味しそうに見えましたが、豚バラの9割以上は脂身で、とても食えるものではありませんでした。下の写真は残した脂身です。この後数時間胃がもたれて辛かったです。お年寄りが増えている街でこの素材はいかがなものか。ただ社長直営の中華は評判はよいようですし、奥様がとても前向きな方ですので、全力でご支援いたします。
しょうが焼き定食