先週の「ものづくり補助金」の1次公募二次の採択結果が出ましたが、直接支援した企業の採択率は66.6%でした。これがどうなのかは別として、革新的サービスで1件採択され、一方で革新的サービスで1件不採択となりました。つまり革新的サービスでは5割となります。
ちなみに神奈川の場合、商業の採択は数件?というほど極端に少なく、この点は非常に気に入らないです。正式名称は、平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」となっているのに。
8月公募の2次締め切りに向けて、すでにたくさんの相談がよせられているのでもちろん対策は徹底的に考えていきますが、ほんと一言物申したいです!
※補助金の支援は中小企業支援機関からのご依頼のみとさせていただいています
2014-07-03-12-08-46