先日まで支援していた学習塾。現在、資格の学校TACの中小企業診断士講座の講師をやらせていただいているので、課題や問題が共通していて特に気合が入った案件でした。

タワーマンションが急増している一部を除くと、日本全国のどこもかしこも超少子化と競合の急増によって、縮小しているパイの奪い合いでの消耗戦が激化しているのが学習塾の現状です。そんな中でどう生き延びるかは非常に重要な課題です。とくに学習塾はフランチャイズチェーンが多く、教材やカリキュラム、価格などの自由度が低く、難しい経営を迫られています。

そこで対策ですが、最後は講師をの質に尽きるのだと思っています。サービスそのものを提供しているのは生徒さんと直接接している講師だからです。
そこで今回は当塾を卒業した生徒さんに満足度調査をしました。今来られている生徒さんの声も重要ですが、通っている立場からすると辛口コメントはしにくいと思ったからです。その結果ですが、卒業生からの当塾は満足度が非常の高いことがわかりました。
たとえば、いつも相談に乗ってくれる、聞いたことに対して常に丁寧に教えてくれる、とてもわかりやすい、などです。これらは当たり前のことですが、その当たり前のことをハイレベルで実践することが大切です。
さらに、寒さ暑さに対して空調にすごく気を使ってくれるという声が多数あり、このような心遣いも大切ですね。
これらは現役講師の励みになりますし、今後もさらにサービスレベルの質向上を図っていくきかっけになりました。

ところで私自身の講師業は13年目に突入しましたが、自分自身もっともっとレベルを高めていかなければと初心に返ったところです。
image