ものづくり補助の申請締め切りが近づき、大量の申請支援をしているため、非常に煩雑なことになっています。しかし、ものづくり補助金や小規模事業者持続化補助金などは、出したもん勝ちの可能性が高いため、該当しそうな企業さんにお声がけして、KIPでプチセミナーをマシンガンのように開催しています。大変ではありますが、重要な仕事です。ただし補助金を獲得することが目的の事業は支援しません。
ところで先週の土曜日、ある信用金庫さんで職員研修の講師をやってまいりましたが、小規模事業者持続化補助金の知名度が非常に低いことが判明しました。知らないと損をする、知っていれば得をする。それは昔も今も変わりません。だから有益かつホットな情報は常に掴む仕組みやネットワークは極めて重要だと思います。もっと高久を利用していただきたいなと思った次第です。