中小企業診断士 2次試験 合格の秘策!。。。
あるわけありません!あればTACはいりません!

これまでやってきた努力を信じて、いつも通り戦うことしかありません。
そして最後は「事例本文の根拠に忠実に!」です。

自分を思い出すと、1年目の2次試験当日は、何が何だか分からないうちに終わってしまいました。

2年目は模試を受けまくり、TACの模試では全国3位、M社は73位、L社は5位、T社は16位と向かうところ敵無し状態まで自分を高めました。しかし試験当日は濃い霧の中をさまよっているような状態で1日が終わってしまいました。

3年目は試験制度が変わった1次試験対策で一杯一杯となり、1次はぶっちぎりで合格したものの、2次対策はそれまでまったくやってきませんでした。しかし前年の余力が残っており、2か月でなんとか戦えるところまでもっていきました。
前日は妙にリラックスしており、当日も「ダメでも来年受験できるから、とにかくいつも通りベストを尽くそう」と冷静に対応でき、10.0%という史上最低の合格率であった平成14年度に合格できました。

2次試験は「終わってみなければわからない試験」ではなく、「終わってみてもわからない試験」ですが、精神力が大きな影響を与えることは間違いないので、いつも通り冷静に最後まで対応することがなによりも重要だと思っています。

TAC横浜校、そして教え子のみなさんの合格を祈っています!がんばれ!