商工会議所の面々と4人で天王町ちょい飲みフェスティバルで行ってきました。天王町商店街は、神奈川県のブランド確立事業で支援させていただいている商店街で、若くて意欲的な理事長が商店街を強力に引っ張って活性化に取り組んでいます。
飲みフェスティバルは、いわゆる街バルとよばれるイベントで、はしご酒を楽しむことがでいます。呑兵衛の自分たちにとっては、いろんなお店に初入店できるのでとても楽しいイベントです。
3軒のお店をはしごできるチケットが前売り2500円で、理事長おすすめの最初の1軒目の中華料理店と2軒の居酒屋は非常に良いお店でした(写真2枚目)。
25

33

3軒目は適当に入ってみようと言うことになり、やきとりとモツ煮の店に入りました。つまみは1種類しかないので4つ注文。2人ハイボール、1人生ビール、私は冷酒を注文。冷酒はテーブルで盛りこぼすタイプで、超小さな受け皿がありました。会議所の方がたくさんこぼすようにと、ごく当たり前のようにつぶやいていただいたところ「ウチは少しこぼすだけ」といって去ろうとしたので「セコいよー」と言ったら、その店員はブチ切れて「こうやってこぼすのかよ!おかしいだろ!」とテーブルを酒で溢れた状態にして立ち去りました。このようなことは初めてだったので非常に驚き、我々は唖然。
店の雰囲気は若いお客さんで賑わっており悪くなく、カウンターも居心地良さそうですが、極めて異常な接客態度にだんだん怒りがこみ上げてきました。
ちょい飲みのつまみなので評価は難しいですが、ポテトフライは塩かけ過ぎで高血圧気味の自分には非常に厳しく、当店の売りはモツ煮のようですがきわめて普通でした。当然ですが二度と行きません!

ちょい飲みフェスティバルは、新規顧客を獲得する絶好のチャンスのイベントです。にもかかわらず、このような態度をとる店があるかと思うと非常に残念でなりません。衝撃の事件だったので敢えて記録することにしました。
27