飲食店コンサルタント 商店街コンサルタント 開業コンサルタント 

合同会社タカク 代表 中小企業診断士 高久 広  元 手打そば店経営の中小企業診断士。飲食店や創業支援、セミナー講師、コワーキングスペース&シェアオフィスことkama.の経営

合同会社タカク 代表。12年間で1000超の販売促進、イベント、広告、芸能などの現場経験を積んで鎌倉に手打そば店を開業。その経験を活かして、飲食店や小売店、サービス業など大小含めて年間約80社を支援。また創業支援、商店街活性化、補助金や創業セミナーなどを専門とする元そば屋の中小企業診断士・飲食店コンサルタントです!現在、北鎌倉でコワーキングスペース&シェアオフィスことkama.を経営しています

 合同会社タカク 代表 中小企業診断士  高久 広  元 手打そば店経営の中小企業診断士。飲食店や創業支援、セミナー講師、コワーキングスペース&シェアオフィスことkama.の経営 イメージ画像
自治体や中小企業センター、商工会・商工会議所、金融機関、ミラサポなどの専門家として、また(公財)神奈川産業振興センターではマネージャーとして創業・ベンチャー企業支援に従事しています。販売促進や補助金、事業計画、創業などのセミナー講師としても活動中。現在、北鎌倉でコワーキングスペース&シェアオフィスことkama.を経営している
【お問い合せ】tacshindanshi@yahoo.co.jp

TAC・中小企業診断士試験

2次本試験分析会をTAC横浜校で開催します。 11月14日(土)14時〜16時 再現答案を作っていなくても、ご自身が解答したであろう内容がおおよそ分かっていればオッケーです。教室の机をロの字にして、解答が割れた問題を取り上げて、どのような解答をしたのか、どのような解答

2次試験が終わりました。試験当日夜のつぼ八では40人の大宴会になりました。翌日は事例2のTAC模範解答を作成しなければならないため23時過ぎに帰りましたが、翌朝5時まで飲んでいた人も…。また試験前夜にとんでもない行動をした人が!軟派?…は?…。 やはり事例4が厳しい

みなさん。こんばんは。 一月半更新していませんでしたが、それはともかく、いよいよ2次試験です。100%力を出し切ろうとすると転けますので、7〜8割の力を発揮できれば合格できると信じて勝ちに行ってください。なお難しくてヤバイという事例よりも「いけるぞ」という事例に

どうでもいい話題ですが、実はどうでもよくありません。 平成21年度 第一次試験 運営管理の第24問に、GMROIと交差比率の出題がありました。その問題、どこかで見たような気がしていたのですが、多数の受講生から、TAC運営管理のテキストの設例とまったく同じですよ!

↑このページのトップヘ