飲食店コンサルタント 商店街コンサルタント 開業コンサルタント 

合同会社タカク 代表 中小企業診断士 高久 広  元 手打そば店経営の中小企業診断士。飲食店や創業支援、セミナー講師、コワーキングスペース&シェアオフィスことkama.の経営

合同会社タカク 代表。12年間で1000超の販売促進、イベント、広告、芸能などの現場経験を積んで鎌倉に手打そば店を開業。その経験を活かして、飲食店や小売店、サービス業など大小含めて年間約80社を支援。また創業支援、商店街活性化、補助金や創業セミナーなどを専門とする元そば屋の中小企業診断士・飲食店コンサルタントです!現在、北鎌倉でコワーキングスペース&シェアオフィスことkama.を経営しています

 合同会社タカク 代表 中小企業診断士  高久 広  元 手打そば店経営の中小企業診断士。飲食店や創業支援、セミナー講師、コワーキングスペース&シェアオフィスことkama.の経営 イメージ画像
自治体や中小企業センター、商工会・商工会議所、金融機関、ミラサポなどの専門家として、また(公財)神奈川産業振興センターではマネージャーとして創業・ベンチャー企業支援に従事しています。販売促進や補助金、事業計画、創業などのセミナー講師としても活動中。現在、北鎌倉でコワーキングスペース&シェアオフィスことkama.を経営している
【お問い合せ】tacshindanshi@yahoo.co.jp

高久個人のこと

北鎌倉の建築物も、あと半月で完成ところまで漕ぎ着けました。 土地を見つけてから既に1年が経過しているので、非常に長かったという思いです。 内装は、湘南や古都鎌倉の古民家カフェのような居心地がコンセプトですので、柱と梁はオイルステイン塗装しました。無垢の木も
『湘南、古都鎌倉の古民家風の柱と梁』の画像

北鎌倉の建築物ですが、想定外に時間がかかっており、やっと外観ができあがってきました。焼き杉風の木目の外壁にして、古民家のような雰囲気にしました! 1階のスペースでどんな事業を営むか、確定しておりますので、そろそろ公表して本格的な広報活動を開始します!
『焼き杉風の木目の外壁にした古民家』の画像

断熱材は発泡ウレタンにしました。グラスウールを断熱材に使うのが多いらしいですが湿気に弱いことやズレ落ちるなどの懸念があったため発泡ウレタンにしました。100ミリほどの厚さがあり、隙間なく噴射しますので、断熱効果は高いです。価格はすこし高いですが、快適性を追求
『北鎌倉の建築物件の断熱材工事』の画像

どうでもいいことですが、北鎌倉の新事業拠点用にと、数ヶ月前に購入した古時計がおもしろいです。 (ちなみに新事業拠点は、飲食店でもそば屋でもありません) 昭和40年代に製造されたアイチ時計の製品をメルカリで5000円でゲットしました。 ゼンマイ式で、カチカチという刻
『北鎌倉の新事業拠点用に購入した古時計が妙でおもろい!』の画像

2011年2月19日に佐藤博史くんがまだ30代前半という若さで亡くなりました。6年になります。 今日の日曜日は、いつもの通りTAC横浜校で2次本科生の講義ですが、博史くんはこの教室の通われていた教え子さんでした。 2009年の試験に合格され、中小企業診断士として登録され、さ

2016年の夏。北鎌倉の明月院に近い約50坪の土地を衝動買いしました。「土地は縁」といいますが、まさに縁でした。今買わなければ二度と出会うことはないという思いから即決しました。 ここは、西管領屋敷という地名が残る、由緒ある武家の土地です。また観光地でありながら
『中小企業、創業・ベンチャー支援に加えて2017は新事業を展開!』の画像

久々に情けない事件。 今日は、埼玉県商工会・商工会議所職員研修会の講師の仕事でした。テーマは「創業支援」。さいたま新都心と遠いためグリーン車の通路側に大船から乗車。窓側にいたおっさんが品川で降りる時にパンや飲み物のゴミをそのままにして下車しようとした。 次
『日本も終わった・・・と思う瞬間』の画像

2016年10月2日に発症した痛風発作はだいぶ治り、足を引きづりながらも杖を使わずに昨日から仕事に復帰しました。今回は軽傷だったようです。 そこで、自分への戒めとして、前回の重症化した痛風発作と比較することにしました。 汚い足ですが写真をアップします。 前回は、
『2年半前の痛風との比較』の画像

痛風記録 平成28年10月2日(日)の夕方、左の踵に違和感が出始めて、その数時間後に激痛に変化していきました。やばいと思っていたら痛風の発作が再発か!?。翌朝治っていることを祈りつつ就寝。起きたら!ほとんど歩行困難。やはり痛風の発作でした。 前回の発作から2年半
『痛風の発作』の画像

賀詞交換会が多いシーズンですが、先日ある賀詞交換会でサバ寿司が出てきました。イヤな予感がしたので、かなり躊躇し、周りの方々に「これ召し上がりました?」、「大丈夫でした?」などと確認しながら、おなかが空いていたのでペロリと食べてしまいました。非常に情けないことに、飲食店経営経験があり、飲食店コンサルタントでありながら、サバに大ヒット!アニサキス症に食中毒で緊急手術を受けました!
『飲食店コンサルタントがアニサキス症食中毒に・・・(恥)』の画像

平成23年2月19日に中小企業診断士の仲間であり、TAC横浜校の教え子さんでもある、佐藤博史くんが亡くなりました。思い出しては涙する事が今でもあります。あれから4年が経過しました。当時のご両親の悲痛さを思うといたたまれない想いです。 そして本日、博史くんが亡くなら
『個人的なこと』の画像

TAC横浜校に向う混雑している東海道線。なのに席に荷物を置いて2席占領して化粧と髪をいじくる最低女。席を譲り合う心温まる場面もあれば、このような世の中おしましと思える醜いシチュエーションがそこにある。
『最低な女』の画像

今日と明日は三ヶ月ぶりのオフ。母が眠る身延町に一年ちょっとぶりにきました。胡瓜の馬は早く実家に帰ってくるようにという意味。茄子の牛は食糧を沢山持ってゆっくりお墓に帰るようにと。これが身延の伝統らしいっす。因みにお盆期間中はお墓参りはしません。みんな帰って
『お盆の意味』の画像

2年前の今日、TAC中小企業診断士講座の教え子であり、そして平成21年度にみごと合格され、つぎ夢経営研究会でもご一緒した佐藤博史さんが突然亡くなりました。30代前半という若さでした。その一報を聞いたときも今日のように寒い日だったと記憶しています。ご両親、妹さんの
『三回忌』の画像

今年の第一の期待は、なんと言っても株価上昇と円安。安倍政権誕生以降、塩漬けしていた株や投信が息を吹き返し始めた。これが一時的なものにならないことを大いに期待したい。株や投信は、売買をしながら、損を出さずに圧縮したい。やはりまだまだ現金が安全か。ということ

一昨日、6年ぶりに痛風が再発>__
『痛風』の画像

個人的なことですが、今月親父が他界し、喪に服していました。ですが通常に戻りはじめています。これまで以上に神奈川産業振興センターのマネージャー業務、TAC講師、そして中小企業支援に尽力します。命ある限り。

かれこれ2週間ちょっと前に横浜駅西口の一見屋台風の居酒屋で食った鯖の塩焼きに当たり、その夜からじんましんが発症。未だに治りません。ちょっと生っぽいかとは思ったのですが、こんなになるとは。。。この居酒屋には二度と行きません!鯖に当たったのは人生2回目ですが、
『鯖に大ヒット!』の画像

この間、月刊経営情報誌ザ・ヒューマンから突然、地域で活躍している高久さんを是非取材させてほしいと電話が来ました。役者で有名なX氏とスタッフ数名で訪問し、取材をして、この月刊誌に掲載したいという話でした。なぜ高久なのかという質問に対して、地域で活躍されている

一言二言で表現すると「やりがいの固まり且つストレスフリーなので超幸福」です。昨日は商店街支援、今日は某商工会議所で「販促セミナー」と教育事業者の支援、明日は酒販店支援、週末の土日はTAC講師と毎日充実しています。ただし4月以降は・・・。例年、年度明けは不透明&

↑このページのトップヘ